浮遊~Floating

途切れる事の無い水の音と鳥の鳴き声。地上で最も美しい2つの音とギターの音がからみあう極上の”水上のコンサート”。春の森、湿原の中を流れる釧路川を、カヌーはゆったりと下る。木暮

CD

購入する

視聴・解説

原始神母

【Live】前売りチケットのお申し込みは こちらから

アコースティックソロ 4thアルバム「浮遊~Floating」2015年7月15日発売

アコースティックソロ 3rdアルバム「透明な夜」2014年12月3日発売

アコースティックインストゥルメンタルアルバム第2弾『儚』。
前作「水と光の魔法」発表後、2年間に渡り数々のライブツアー、野外フェス等を経て完成。

CDの購入は こちらから

mt.delicious  Mt.delicious

Kogure shake takehiko

Profile

1960.3.8
東京都杉並区に生まれる。
13歳でフォークギターを弾き始める。
15歳の時友人が目の前でエレキギターを弾いたのを見て衝撃を受け、以後ROCKに夢中になる。
1976
初めてロックコンサートをやる。演奏曲はビートルズ、ディープパープルなどのコピー。以後、自主コンサートなどをやりながら10代を過ごす。
1980
20歳。プロのミュージシャンになると決め、家を出て曲を作り始める。
1981
初めての渡米。ロサンゼルスで2ヶ月間、黒人のバンドに参加する。
1984
レベッカでプロデビュー。
1986
レッドウォーリアーズで2度目のデビュー。
以降、海外レコーディング、武道館、西武球場などの公演を行う。
1988
広島ピースコンサートテーマソング『君を守りたい』作曲で日本レコード大賞特別賞受賞。
1989
ロサンゼルスに移住し、Casino Driveを結成、5年間の音楽活動。
1995
帰国。サイコデリシャス名義でソロ活動を始め、再結成したレッドウォーリアーズも平行して活動。
2003
長男誕生を機に富士山麓に移住。 以降自然をテーマにしたソロ活動と平行して、より自由な音の表現を求めたバンド、Mtデリシャスを結成、2011年まで活動。以後、自然をテーマにしたアコースティックの活動に入る。
2011
初のアコースティックインストアルバム、「水と光の魔法」を発表。
2011年4月より山梨日日新聞にて子育てコラム「富士山と太陽の下で」連載開始。
(2013年3月終了)
2013
2ndアコースティックインストアルバム、「儚(はかない)」を発表。
全国45カ所のツアーを行う。
現在まで通算25枚のオリジナルアルバム、他ライヴ盤、ベスト盤、コンピュレーション、DVDなど多数発表。

最新の情報をお届けします

news

【Live】チケット先行販売開始「RED WARRIORS "the Very best of Reds"」

RED WARRIORS、5月27日(日)国際フォーラム公演に向け楽曲人気投票を実施!
ライブは皆様の投票上位10曲を中心に構成されます!演奏曲を皆で決めよう!
オフィシャルサイト会員先行も受付開始!

もっと、ニュースを見る

アコースティックインストゥルメンタルアルバム第2弾『儚』。前作「水と光の魔法」発表後、2年間に渡り数々のライブツアー、野外フェス等を経て完成。
CDの購入はこちらから

ライブスケジュール

live schedule

03月03日(土)
「MOVING MUSIC」~三種の神器2018~

03/04(日)
【満席/キャンセル待ち】木暮"shake”武彦Birthday Live 『幻の58年』
03/10(土)
刈谷・サンダンス
03/11(日)
飯田・キャンバス
03/20(火)
【原始神母】渋谷La,mama
04/01(日)
新橋・ZZ
04/07(土)
京都・LIVE & SALON 「夜想」
04/08(日)
名古屋・レイドバック
04/21(土)
都留・ナチュラリズム

もっとスケジュールを見る

ディスコグラフィー

discography

浮遊~Floating

浮遊~Floating

2015年7月15日販売 2,500(tax in)

途切れる事の無い水の音と鳥の鳴き声。地上で最も美しい2つの音とギターの音がからみあう極上の”水上のコンサート”。春の森、湿原の中を流れる釧路川を、カヌーはゆったりと下る。木暮

他の音楽CDも見る

このCDを買う

ギャラリー

gallery

最新の情報をお届けします

news

雪解

まだまだ寒い日はあると思うが、日中は3度ぐらいまで上がるようになった。
雪もまだまだ降ると思うが、もうマイナス15度になることはないだろう。

溶け出した雪が道を濡らして、道に固まった氷もシャーベットのよう。
雪解けの景色には希望を感じる。
昔から好きだったが、富士山に来てからはなおさらだ。

このブログを読む