透明な夜

2014 Winter Release

心の森の奥深く、、、黒い雲が晴れた、透明な夜の眠りの中で忘れていた歌を思い出す喜びと悲しみの歌を森の奥に秘そむ5つの物語。自然との交わり、生命の光と影を写し出す3曲の歌曲を含むアコースティックシリーズ第3弾。2014年12月3日発売。CS-1156 ¥1,800(tax in)

CD

購入する

視聴・解説

Kogure shake takehiko

Profile

1960.3.8
東京都杉並区に生まれる。
13歳でフォークギターを弾き始める。
15歳の時友人が目の前でエレキギターを弾いたのを見て衝撃を受け、以後ROCKに夢中になる。
1976
初めてロックコンサートをやる。演奏曲はビートルズ、ディープパープルなどのコピー。以後、自主コンサートなどをやりながら10代を過ごす。
1980
20歳。プロのミュージシャンになると決め、家を出て曲を作り始める。
1981
初めての渡米。ロサンゼルスで2ヶ月間、黒人のバンドに参加する。
1984
レベッカでプロデビュー。
1986
レッドウォーリアーズで2度目のデビュー。
以降、海外レコーディング、武道館、西武球場などの公演を行う。
1988
広島ピースコンサートテーマソング『君を守りたい』作曲で日本レコード大賞特別賞受賞。
1989
ロサンゼルスに移住し、Casino Driveを結成、5年間の音楽活動。
1995
帰国。サイコデリシャス名義でソロ活動を始め、再結成したレッドウォーリアーズも平行して活動。
2003
長男誕生を機に富士山麓に移住。 以降自然をテーマにしたソロ活動と平行して、より自由な音の表現を求めたバンド、Mtデリシャスを結成、2011年まで活動。以後、自然をテーマにしたアコースティックの活動に入る。
2011
初のアコースティックインストアルバム、「水と光の魔法」を発表。
2011年4月より山梨日日新聞にて子育てコラム「富士山と太陽の下で」連載開始。
(2013年3月終了)
2013
2ndアコースティックインストアルバム、「儚(はかない)」を発表。
全国45カ所のツアーを行う。
現在まで通算25枚のオリジナルアルバム、他ライヴ盤、ベスト盤、コンピュレーション、DVDなど多数発表。

最新の情報をお届けします

news

【Web】Web Rock Magazine BEEAST

『幻の55年』ミニレポート掲載

もっと、ニュースを見る

アコースティックインストゥルメンタルアルバム第2弾『儚』。前作「水と光の魔法」発表後、2年間に渡り数々のライブツアー、野外フェス等を経て完成。
CDの購入はこちらから

ライブスケジュール

live schedule

05月02日(土)
都留・ナチュラリズム

05/08(金)
仙台・Livehouse enn3rd
05/09(土)
秋田・ROCK CLUB BARE FOOT
05/10(日)
酒田・BluesHIRO
05/12(火)
福島・BlackCometClub
05/21(木)
弟子屈・森のホール
05/23(土)
帯広・Live&Pub Chabo
05/24(日)
釧路 ・LIVE&BAR GASOLINE ALLEY
05/28(木)
北見・ONION HOLL

もっとスケジュールを見る

ディスコグラフィー

discography

透明な夜

透明な夜

2014年12月3日販売 CS-1156 1,800(tax in)

心の森の奥深く、、、黒い雲が晴れた、透明な夜の眠りの中で忘れていた歌を思い出す喜びと悲しみの歌を森の奥に秘そむ5つの物語。自然との交わり、生命の光と影を写し出す3曲の歌曲を含むアコースティックシリーズ第3弾。

他の音楽CDも見る

このCDを買う

ギャラリー

gallery

最新の情報をお届けします

news

いきなりピンクフロイド

名古屋から戻ってゆったりする間もなく原始神母、東北ツアーの準備。

23日には取材もあり、都内まで移動しなくてはならないので、フロイドスタンバイまで猶予は2日間しかなかったが,2週間前にバッチリやっているのであっという間に頭が戻る。

狂気、エコーズ、原子心母、クレージーダイアモンドなど、東北でピンクフロイドの音楽がここまでの執念で、鳴った事はなかっただろうという気合いで3日間演奏する予定。

24日の仙台enn,26日福島AREA559はワンマン,25日のアラバキはフジロックと違って,完全ドメスティックなイヴェントなので偽の外タレとしてはアウェーだがはたしてどんなノリになるのか。

このブログを読む